祠の隠し扉

しょうもないサブブログ

格闘zゲッコウガって

f:id:kapu_fujiko:20190323063305p:plain


最近、カバマンダやリザグロスとの共存でちらほら見かけるような気がする。

実際、自分も今期の序盤で使用し、18までは楽に上がった。その過程で、多くのポリゴン2カビゴンをこいつで突破した。

しかし、このポケモンはあまりにも役割対象がピンポイントで、運用も構築の組み方もかなり上級者向けである。


格闘Zゲッコウガは性質上Aに努力値を割き、技構成も物理に寄ってくる。コンセプトとなるけたぐりと、ダストシュート、岩石封じ、冷凍ビームがテンプレだろう。

この技構成では、上記の通り役割がピンポイント気味で単体性能が高くない。格闘Zの通りは悪いし、けたぐりもダストも撃つ相手は限られている。岩石封じと冷凍ビームはメインで使える火力がなく、4倍弱点以外には余裕をもって耐えられる。

つまり、肝心のカビゴンポリゴン2を突破した後はガラクタになることが多い。

特に現環境で主流な鋼には無力になりがちで、隙を見せやすい。

 
個人的には、ボーマンダと組むよりも、リザードンYと組ませる方がいいのではないかと考えている。(実際結果も出ている)

鋼に対して圧倒的に強く、カビゴンポリゴン2、ラッキーを排除すれば、リザYでの制圧は容易なはず。

激流と違って晴れに悪影響を受けないため、リザYが苦手とするヒードランも崩すことが出来る。


カバマンダの補完で選択肢に入るポケモンではないように感じた。


余談:有利対面とったら1匹持っていける激流が病みつきになってしまった、そんな脳筋僕の使い方が下手なだけ説濃厚なので誰か教えてください。ちなみに格闘zを透かされた(警戒された?)のは60戦近くやって一度だけです。